肝臓の数値を理解して肝機能を回復しよう!

HOME » 【種類別】健康診断に出てくる肝臓数値の意味 » 総ビリルビン

総ビリルビン

総ビリルビンという、肝臓の検査でよく出てくる数値について、その意味や下げる方法をチェックしてみてください。

肝臓検査でわかる総ビリルビンという数値

総ビリルビンとは、非抱合型(間接)ビリルビンと抱合型(直接)ビリルビンの総称です。

ビリルビンとは、古くなった赤血球を破壊する時にできる黄色い色素のことで、血液から肝臓に運ばれて胆汁の成分になり、その後、十二指腸、小腸と送られ、最終的に尿や便として排出されていきます。

この、肝臓に運ばれる前のビリルビンを非抱合型(間接)ビリルビンと呼び、肝臓で処理された後のビリルビンを抱合型(直接)ビリルビンと呼びます。

直接ビリルビンは、過剰に赤血球が破壊される場合に数値が上がり、間接ビリルビンは、胆汁がうっ滞し、胆汁中のビリルビンが血液中に漏れ出すことで、数値が上がることになります。

黄色い色素のビリルビンが血液中に大量に流れ込むことで、白目や皮膚を黄色くする黄疸を引き起こすことがあります。

  • 総ビリルビンの基準値…0.2~1.2 mg/dL
  • 総ビリルビンに関連する病気…胆汁うっ滞/肝硬変/胆石症/胆道閉鎖/溶血性貧血/体質性黄疸

総ビリルビンの数値を下げるには

ビリルビンは、血液中で変動の激しい物質です。多少の変動は問題ないでしょう。しかし、何らかの病気を引き起こしている場合、その数値は異常に高くなることが多いです。

総ビリルビンの数値が異常に高い場合は、既に肝臓の病気が進んでいる可能性があるため、早急に医師に診断してもらうことをお勧めします。

黄疸が出ている場合も肝機能に障害がある可能性が高いので、早急に医師に相談しましょう。

それ以外の場合は、肝機能の低下による理由が考えられます。

ほかの肝臓の数値ともあわせて確認し、肝機能が弱くなっていると思った場合は、肝臓を適度に休め、肝機能の回復に努めることが重要です。

食生活を見直し、肝臓にいいサプリを摂取するなど、生活面を改善していきましょう。