肝臓の数値を理解して肝機能を回復しよう!

HOME » 【種類別】健康診断に出てくる肝臓数値の意味 » γ-GTP

γ-GTP

肝臓検査でよく出てくる、ガンマGTPという数値の意味や下げる方法などをまとめています。

ガンマGTPとは

ガンマGTPとは、肝臓をはじめ、腎臓や膵臓、脾臓、小腸などに含まれる酵素で、肝臓では、肝細胞や胆管細胞、胆汁の中にも存在しています。

通常時には、たんぱく質を分解し合成する働きをしていて、解毒作用もあり、特に、アルコールの分解に重要な働きをしています。

そのため、お酒を飲みすぎると、ガンマGTPがたくさん作られるようになり、その分、血液中に漏れだすガンマGTPも多くなるため、数値が上がります。

肥満やある種の薬の摂取などによっても、ガンマ GTPが多く作られることがあります。

また、胆汁の流れが悪くなったり、胆石が詰まった場合、胆管細胞が破壊された場合にも、血液中に流れ出し、ガンマGTPの数値が高くなります。

  • ガンマGTPの正常値…50 IU/L以下
  • ガンマGTPに関連する病気…アルコール性肝障害/脂肪肝/胆汁うっ滞/胆石症/胆道閉鎖

ほかの肝臓の数値を合わせて見ることが必要ですが、ガンマ GTPの数値が高い場合、アルコールによる脂肪肝や胆道の障害などの可能性が高いと言えます。

ガンマGTPの数値を下げるには

ガンマGTPの正常値は50 IU/L以下ですが、この数値が50以上でも100以下程度であれば、肝臓への負担増である可能性が高く、肝臓を休ませることで正常値に戻すことができます。

アルコールの摂取を控え、できれば禁酒することが、数値を下げる一番の近道です。

しかし、γ(ガンマ) – GTPの数値が100以上の場合、既に脂肪肝などが進行している可能性が考えられます。

こういった場合は、一度、病院で詳しく検査してもらうことをお勧めします。