肝臓の数値を理解して肝機能を回復しよう!

HOME » 特集!肝臓機能の回復をサポートする食品成分リスト » レシチン

レシチン

レシチンは、リン脂質の一種で、細胞の細胞膜を構成している成分です。

レシチンほか肝臓サポート成分を含む健康食品をランキング>>

レシチンの肝臓への働き

脂質という名前がついていますが、普通の脂質とは異なる役目があり、エネルギー源や生理機能・神経伝達の面などで、さまざまな働きをしています。

レシチンの肝臓の機能改善への働きは、まず、脂肪の代謝を促進することで、肝臓内の脂肪の蓄積を防止し、脂肪肝や肝硬変の予防と改善にも効果があります。

また、悪玉コレステロールが血管の壁に付着することを防ぎ、さらに、血栓を溶かす働きもあるので、コレステロール値を下げるとともに、血液の流れを良くしていきます。

そのほか、レシチンは細胞膜を作る原料となるため、細胞内に栄養を入れる、老廃物を排出するなどの細胞の働きを活性化させてくれます。神経細胞にも働きかけるため、記憶力や学習能力がアップするなどの効果も期待できます。

最近では、アルツハイマー病の予防にも効果があると言われています。

レシチンを含む食べ物

レシチンを含む食べ物として、納豆が有名です。納豆の原料である大豆に多くレシチンが含まれているためです。

  • レシチンを含む食品例…大豆、卵黄、銀杏、うに、うなぎ、レバー

レシチンには、大きく、大豆レシチンと卵黄レシチンに分けられます。それほど大きな違いはありませんが、あえて言うなら、それぞれに得意分野があります。

大豆レシチンは、特に、血液中に働きかけ、血液をサラサラにするのが得意。卵黄レシチンは、特に、神経に働きかけ、脳の機能改善が得意です。

特にどちらかが気になるようであれば、目的に合わせて意識して摂取していくと良いでしょう。